前へ
次へ

辛い痔瘻は専門医在籍の肛門科を受診

性別は関係なくかかる可能性を持っているのが痔であり、周囲にオープンに話す人は少ないですが意外と身近な病気です。身近なのに本人が自覚をしていなかったり、そのまま放置をすることもあります。辛い症状を長引かせないためにも、専門医の在籍をする肛門科を受診するのが建設的です。まだ症状が軽度の段階であれば、ドラッグストアなどで市販されている医薬品を活用することもできます。市販薬を使うにあたり、お薬だけに頼るのではなく、生活習慣の改善も一緒にすることが肝心です。もしも痔の症状を放置してしまうと、さらに炎症がひどくなってしまうことがあります。早期治療をすることが大事であり、専門医がいる肛門科を選び受診をすること、経験豊富な医師がいると安心です。痔核や裂肛の痛み及び腫れなどはつらいですが、無理をして動き回るよりも安静にすること、温めるのは良い応急処置になります。すぐに使える使い捨てカイロをあててみたり、入浴をするなどして血行が良くなると、血行が良くなって痛みも減るためです。

Page Top