前へ
次へ

生活習慣病を予防して看護師の仕事を効率化

看護師は患者さんが生活習慣病にならないように指導するのが役目ですが、同時に自身の健康管理にも注意する必要があります。看護師の仕事はストレスを溜め込みやすく、それが喫煙や過度の飲酒につながるケースは少なくありません。喫煙や飲酒でストレスを解消することが習慣化すれば、動脈硬化を促進して高血圧や脂質異常症などの発症率を高めます。飲酒に関しては適量であれば問題ありませんが、喫煙はたとえ1本でも身体にデメリットしかありません。ニコチンやタールなどの有害物質を摂り続ければ心肺機能が低下し、息切れや動悸などが発生して仕事に影響を与える可能性があります。タバコはスタミナ不足の原因にもなるので、早めに禁煙をする必要があるでしょう。看護師はストレスから暴飲暴食に走ってしまうケースもあり、栄養バランスが崩れると肥満や脂質異常症、高血糖の発症を促進します。生活習慣病を予防するには食生活の健全化が必須ですから、多忙という理由で食事を抜くのは避けましょう。一日の摂取カロリーが同じならば、食事回数は多いより少ないほうが肥満を促進させるのです。食生活の改善に加えて実行したいのは適度な運動で、運動には精神の状態を落ち着けて、入眠を促進するメリットがあります。身体のバランスを整えるだけでなく、質のよい睡眠を実現するためにも役立つのです。寝不足が長く続くとストレスやイライラの原因になり、暴飲暴食から生活習慣病になるケースがあります。ストレスを溜めないためにも、生活習慣から変えていく必要があるのです。患者さんの健康を増進させることが看護師の仕事ですが、自身の健康管理も徹底する必要があります。ストレスによって生活習慣が乱れると生活習慣病の発症率が上がるので、まずは不規則な生活を正していくことが大切です。看護師は医療人のなかでも特にストレスが溜まりやすいと言われているので、定期的にメンタルチェックを受けるのもよいでしょう。医療のプロといえども、自身の体調を客観視するのは難しいからです。

中絶手術をお考えなら堂山レディースにお越しください

Page Top