前へ
次へ

増加をする子供の医療ケア

医療の進歩によって昔は助けることができなかった命も命だけは助かるようになりました。自分の意志を表現できなかったり、口から食べることができなかったり、ということはありますし、寝たきりの状態で生活をするという状態になって生きるということもあります。人らしい生活とは違ってきてしまいますが、それでも命だけあればよいという感覚なのでしょう。子供の場合、親が介護をすることによって生きることができますが、その生活が子供にとって幸せなのかどうか、ということを考えなければいけません。中には命が尽きるまで医療機関で生活をしなければいけないという子供もいます。親のエゴでつらい思い、痛い思いだけをさせている子供もたくさんいます。まずはその子の幸せを第一に考えるべきなのかもしれません。医療機関側も親が依頼をしてくるのであれば、拒否をすることはできません。子供の気持ちを尊重するべきなのか、親の希望を叶えるべきなのか難しいところもあるでしょう。

Page Top